JMP ジョン万プログラム

京都大学 若手人材海外派遣事業
ジョン万プログラム

学生用職員用日本語English

HOME派遣実績平成27年度 スーパージョン万プログラム 採択者一覧

平成27年度 スーパージョン万プログラム 採択者一覧

平成27年度 スーパージョン万プログラム 研究者派遣プログラム

氏名(職名) 部局 渡航先機関 期間 研究課題名 報告書
置田 清和
(特定助教)
文学研究科
(白眉センター)
オックスフォード大学 イギリス 4ヶ月 近世南アジアにおける感情の歴史 報告書PDF
玉置 卓
(助教)
情報学研究科 カリフォルニア大学
サンディエゴ校/バークレー校
アメリカ合衆国 6ヶ月 アルゴリズム設計と計算複雑性理論の関係 報告書PDF
丸田 一郎
(助教)
情報学研究科 ノースイースタン大学 アメリカ合衆国 6ヶ月 大規模データに基づく動的システムの同定および制御 報告書PDF
新納 和樹
(助教)
情報学研究科 グラーツ工科大学 オーストリア共和国 18ヶ月 非線形固有値解析を用いた周期電磁波動散乱問題の高速解法の開発 -
宮前 友策
(助教)
生命科学研究科 スタンフォード大学 アメリカ合衆国 24ヶ月 リガンドおよび光照射により制御可能な細胞内タンパク質分解システムの構築 報告書PDF
松村 康史
(助教)
医学部附属病院 カルガリー大学 カナダ 約12ヶ月 薬剤耐性腸内細菌科細菌のクローン性増殖の解明と制御 報告書PDF
山門 穂高
(助教)
医学部附属病院 カリフォルニア大学サンディエゴ校 アメリカ合衆国 23ヶ月 孤発性パーキンソン病の病態解明と新規治療法開発 報告書PDF
松村 繁
(助教)
ウイルス研究所 ブリュッセル自由大学 ベルギー王国 24ヶ月 細胞分裂軸と乳腺幹細胞の動態 -
塚本 真輝
(助教)
理学研究科 ヘブライ大学 イスラエル 24ヶ月 力学系の平均次元 報告書PDF
加藤 周
(准教授)
理学研究科 マサチューセッツ工科大学 アメリカ合衆国 11ヶ月 幾何学的表現論の研究 報告書PDF
兒島 憲二
(助教)
農学研究科 アメリカ国立衛生研究所 アメリカ合衆国 12ヶ月 生化学および生物学的観点からのリボヌクレアーゼHに関する研究 報告書PDF
増田 太郎
(助教)
農学研究科 アメリカ国立衛生研究所 アメリカ合衆国 12ヶ月 金属含有酵素の活性中心形成機構に関する研究 報告書PDF
荒川 知幸
(准教授)
数理解析研究所 マサチューセッツ工科大学 アメリカ合衆国 24ヶ月 W代数の表現論とその応用 -
米田 英嗣
(特定准教授)
教育学研究科
(白眉センター)
ロンドン大学ゴールドスミス校 イギリス 12ヶ月 自閉スペクトラム症を持つ人の共感反応 報告書PDF
山道 真人
(特定助教)
生態学研究センター
(白眉センター)
コーネル大学 アメリカ合衆国 24ヶ月 被食者の迅速な進化が個体群動態に及ぼす影響 -
武内 康則
(特定助教)
文学研究科
(白眉センター)
インディアナ大学 アメリカ合衆国 12ヶ月 契丹文字の解読と契丹語の歴史言語学的研究 報告書PDF

平成27年度 スーパージョン万プログラム 研究者派遣元支援プログラム

採択者氏名
(職名)
渡航者氏名
(職名)
部局名 渡航先機関 期間 研究課題名 報告書
西村 直志
(教授)
新納 和樹
(助教)
情報学研究科 グラーツ工科大学 オーストリア共和国 18ヶ月 非線形固有値解析を用いた周期電磁波動散乱問題の高速解法の開発 -
永尾 雅哉
(教授)
宮前 友策
(助教)
生命科学研究科 スタンフォード大学 アメリカ合衆国 24ヶ月 リガンドおよび光照射により制御可能な細胞内タンパク質分解システムの構築
勝見 武
(教授)
髙井 敦史
(助教)
地球環境学堂 カリフォルニア大学サンディエゴ校 アメリカ合衆国 12ヶ月 サステイナブルな地盤環境保全技術の確立 報告書PDF
清野 純史
(教授)
奥村 与志弘
(助教)
地球環境学堂 ハワイ大学 アメリカ合衆国 12ヶ月 環境負荷軽減のための巨大津波に強い構造物・社会インフラ整備のあり方 報告書PDF
一山 智
(教授)
松村 康史
(助教)
医学研究科 カルガリー大学 カナダ 12ヶ月 薬剤耐性腸内細菌科細菌のクローン性増殖の解明と制御
髙橋 良輔
(教授)
山門 穂高
(助教)
医学研究科 カリフォルニア大学サンディエゴ校 アメリカ合衆国 23ヶ月 孤発性パーキンソン病の病態解明と新規治療法開発 -
豊島 文子
(教授)
松村 繁
(助教)
ウイルス研究所 ブリュッセル自由大学 ベルギー王国 24ヶ月 細胞分裂軸と乳腺幹細胞の動態 -
保川 清
(教授)
兒島 憲二
(助教)
農学研究科 アメリカ国立衛生研究所 アメリカ合衆国 12ヶ月 生化学および生物学的観点からのリボヌクレアーゼHに関する研究
大江 浩一
(教授)
岡本 和紘
(助教)
工学研究科 ミュンスター大学 ドイツ連邦共和国 12ヶ月 有機活性種を用いる電子移動型反応の開発 報告書PDF

※=派遣研究者(渡航者)の成果報告書と同じ

このページのトップに戻る